クルマ ポルシェ

718ボクスターGTS4.0試乗レポート

先日、自分のオーダーしたケイマンGTS4.0がドイツの工場で生産完了したとの連絡がありました。

順調にいけば1月下旬、遅くとも2月上旬の納車となりそうです。

718ボクスターGTS4.0を試乗させてもらったので素人目線でレポートします。

色はレーシングイエロー!まぶしい!オプションのPCCBが付いていたのでキャリパーも黄色で統一感ありました。

天気に恵まれたので、さっそくオープンにしてエンジンスタート。

FLAT6が吠える!ドキドキです。

右ハンドルの6MTで、アクセルペダルがオルガン式で位置がぱっと見やや左寄りな印象を持ちましたが、運転中はペダルレイアウトに違和感なかったです。

担当さんが前日に試乗コースの下見をしてくれていたとのことで、混雑が少ないルートを20分程度運転させていただきました。

最初はノーマルモードで走り始めましたが、早くオートブリッピングが試したくて数分でスポーツモードに。

エキゾーストノートが大きく野太くなり、アクセルレスポンスが良くなったのもすぐに変化がわかりました。

ショートストロークかつかっちりとしたシフトフィールで、シフトチェンジが気持ち良いです。オートブリッピングも非常に楽でエンジン音が楽しめるので、何もない直線道路でひたすら3速と2速を往復していました笑

クラッチは以前乗っていたシビックよりやや重いかなという程度でそれほど疲れるということはありませんでした。

少し細身の小径ステアリングで、適度な重さを感じハンドリングの良さは期待どおりです。

シートは硬めですが乗り心地は思ったほど硬くないです。サスペンションの良さとセッティングが絶妙なのか20インチの35扁平タイヤを履いていることを全く意識させません。

とにかくエンジン音の良さに感動した試乗でした。納車が楽しみです。

-クルマ, ポルシェ
-

Copyright© アラサー投資家の愛車遍歴 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.